2019年 あべのハルカス個展

 関西圏のみならず全国区で話題のあべのハルカスの近鉄百貨店で個展を行いました。折角の近畿での個展なので、特に近鉄の地元である奈良の事の風景を題材に描いた作品を中心の展示にしました。

大阪天王寺の繁華街にそびえる「あべのハルカス」。個展初日は晴天に恵まれました。

さすがにおしゃれなスポットだけあり、ギャラリーも相応です。

3月なので春先と言うことで季節柄桜の作品も多く展示しました。

古都奈良は絵になる風景画多いです。

「法輪寺 凜々と」 F10 w45.5cm x h53.0cm 奈良県斑鳩町法輪寺

 素朴な田園風景と古刹の取り合わせがなんとも絵心を掻き立てる斑鳩の里。凜とした法輪寺の三重塔と周辺集落の土塀と相まって絵の題材にもってこいです。

「斑鳩 卯月」 M15 w65.2cm x h53.0cm 奈良県斑鳩町 天満池より法隆寺を望む

 奈良と言えば東大寺と並んで枕詞のように出てくるのが法隆寺。彼の写真家 入江泰吉先生も愛した天満池から望む法隆寺の構図。刻々と変わる西に入る陽を追いながら描いた作品です。

「まほろばの里 春うららか」 w207.0cm x h73.0cm 奈良県明日香村 橘寺

 万葉の地の魅力はこの明日香の地にも及んでいます。何気ない田園風景。されど何かが違うこの凜とした風景。どこを切り取っても絵になります。

「大和路 うららか」 F10 w45.5cm x h53.0cm 奈良県大淀町

 大和路の田園に特徴的な家屋を見ることができます。「大和棟」といって家屋中央の居間の部分の屋根が急峻になっています。春うららかな大和路の田園にアクセントとなってくれます。

「吉野路 爛漫」 F6 W41.0cm x h31.8cm 奈良県吉野町 近鉄吉野線

 大阪阿部野橋から桜で有名すぎるほどの吉野山へ向かう近鉄吉野線。その沿線のハイライトが吉野山の直前で渡る「吉野川橋梁」ではないでしょうか。路盤よりも下にトラス構造がある珍しい携帯の鉄橋で、築90年を超える代物です。